古代中国の建築

禁じられた街禁じられた街。

古代中国の建築は、中国の長い歴史と深い文化を素晴らしく示しています。それは地域、民族/宗教、そして歴史の期間によって異なります。

古代中国建築の4つの特徴

中国の古代建築は、その木工細工、エレガントな実用性、対称性、装飾で際立っています。

1.細かい木工

木造建築 伝統的な中国の建物の主力でした。紫禁城のホールから一般の家まで、ほとんどの伝統的な建築物には木が好まれました。



天壇天壇。

コンポーネント 主に柱、梁、母屋で、ほぞとほぞ穴で接続されていました。中国の古代の木造建築物は非常に複雑に形成されており、時には釘がありませんでした。

2.エレガントな外観

古代中国の建築の既存の例は、そのエレガントなプロファイルと、張り出した庇、上向きの屋根の角、さまざまな形の屋根など、さまざまな機能で高く評価されています。

幸運は何色ですか

独特の外観は実用的な機能を満足させるだけでなく、見た目も素晴らしかった。それらは実用性と美しさを組み合わせた良い例です。

3.対称レイアウト

ほとんどの伝統的な中国の建物は、対称的な翼を持つ軸中心の原理に厳密に従っていました。これは、古代中国の調和と対称性の美的基準を反映しています。

4.ゴージャスな装飾

桁装飾的な柱。

古代中国の建築家は、建物全体から特定の部分に至るまで、色や装飾品に特別な注意を払いました。彼らは特定の建築機能や地元の習慣に応じて異なる色や絵を使用しました。

刻まれた梁、塗られた垂木、さまざまなパターン、刻まれた板、柱に掛けられた二行連句、壁画がカラフルで美しいスタイルを追加するために使用されました インテリア

石獅子、屏風壁、装飾用の柱、そして花が装飾に使用されました 外装 建物の。

hkフードと薄暗い合計

3建築様式

禁じられた街禁じられた街。

古代中国の建築には、宮殿、城壁、寺院、仏塔、家屋が含まれます。彼らの建築様式は目的によって異なりました。主な3つのタイプは、皇室の管理棟、伝統的な住居、宗教的な建物でした。

1.帝国の建物

古代中国の帝国の建物には、宮殿、政府機関、軍事防衛プロジェクトが含まれていました。それらのすべては、特定の時代の政治的支配を示しました。一般的に、彼らの建築様式は フォーマルで厳粛

中国武術の歴史

2.伝統的な住居

洞窟住居洞窟住居。

伝統的な中国の住宅の建築様式は 機能的で地域の状況に適しています

例えば 、中国南西部では、竹の家は泥だらけの環境と地元の資源によく合いました。

冬の天候が寒くて乾燥している陝西省の北部では、黄土の彫刻が施された住居は保温性に優れており、建設費も安価でした。

3.宗教的な建物

中国には4つの国教があります。道教、仏教、イスラム教、キリスト教は中国で長い歴史があります。

香港のウォンタイシン寺院香港のウォンタイシン寺院。

中国の宮廷が中国での仏教の導入に貢献したので、中国の仏教の建物は通常、栄光と壮大な帝国の建築様式に従いました。

レインボーマウンテンチャイナウィキ

道教の建物 中国では、他の宗教的な建物と比較して、庶民の建物のスタイルに近かった。

ムスリム建築 中国では、繁体字中国語と中東のスタイルがブレンドされていました。

キリスト教に関しては、ほとんど 中国の教会 西洋の建築コンセプトに従ってください。

中国のハイライトで中国の建築を直接お楽しみください

ホンクン

建築に興味がある場合は、ツアーを予約するときにお知らせください。興味のある中国の建築の側面がツアーに含まれていることを確認できます。