北京で花を見に行くのに最適な場所

桃の花桃の花

中国の首都には、さまざまな種類の庭園、花、花の咲く木を見ることができる、専門的に手入れされた庭園がたくさんあります。花が咲き乱れるスポットをご紹介します。

桃の花

  • 限目 :4月上旬から5月中旬まで

北京植物園北京植物園

北京植物園は、暖かくなると開花する桃の木で有名です。北京植物園は、中国北部で最大の桃の花園です。何千種類もの桃の木を見ることができます。そこには、観賞用の桃の木、大きな桃の木、大きな桃を生む桃の木、菊の桃の木など、約70種類の桃の木が生​​息しています。桃の木は4月上旬から5月上旬にかけて咲きます。この間、庭で北京桃花まつりが開催されます。庭はロマンチックな花と酔わせるような香りで香りがよく、とてもカラフルです。州立庭園の面積は約56ヘクタールまたは139エーカーで、北京の北西郊外にあり、自然の風景も美しいです。

香港の10月の天気
  • チケットの金額 :1人あたり10元または約1.40米ドル
  • バス路線 :904、318、および714

Pingguのピーチグローブ

桃の花桃の花

北京の近くで桃の花を見たり、匂いを嗅いだり、桃を食べたりできるもう1つの場所は、劉家店県の平谷です。北京の北東約70キロまたは40マイルのこの地域では、説教の木が目に見えるところまで伸びています。約6,000ヘクタールまたは約15,000エーカーの桃の木立があり、世界最大の桃の木立地帯と言われています。桃は200種類栽培されており、他の国では栽培されていない非常に大きな桃の品種があります。毎年約2億7000万キログラムまたは30万トンの桃が収穫されます。果樹園は桃の栽培者の間で有名です。



いくつかの果樹園は何百年も前のものであり、何世代にもわたって栽培されてきました。 Pinggu peahesは、さまざまな独特の色と味、そして糖度が高いことで知られています。土は砂質で水が豊富で、日中の気温差が大きく、大きな甘い桃を育てるのに最適と言われています。ですから、桃やジャムや桃ジュースなどの桃製品が好きなら、平谷では自分で桃を選んで好きなものを買うことができます。ピーチハニージャムをお試しください。

旅行ルート :北京の東直門東直門で公共バス918番に乗り、官荘路口站で下車し、6番バスに乗り換え、小峪子桃花海駅で下車します。台)。

また読む 北京で紅葉を見るのに最適な場所

北京を訪れるのに最適な時期北京を訪れるのに最適な時期あなたが知る必要があるすべてのこと もっと見る

真珠の花

  • 限目 :4月

響水湖

響水湖の真珠の木は4月上旬に咲き始めます。また、桃の花、アプリコットの花、ツツジなども楽しめます。

  • チケットの金額 :1人あたり15元または約2.50米ドル
  • 旅行ルート :Xizhimen駅から湖への電車があります。
おすすめされた ツアー:
  • 夜に万里の長城を訪れる4日間の北京プライベートツアー
  • 近所での半日北京ウォーキングツアー
北京旅行北京旅行ガイドあなたが知る必要があるすべてのこと もっと見る

牡丹

  • 時間 :4月中旬から5月中旬

景山公園

牡丹牡丹

チケットの金額 :5人民元または1人あたり約86セントUSD景山公園は牡丹で有名です。公園には毎年牡丹が展示されています。多くの種類の牡丹が展示されています。元王朝(1271〜1368)以来、景山公園に牡丹が展示されています。公園には約100種類の1,000以上の牡丹の展示コレクションがあります。

  • バス路線 :5、111、および819

北京植物園

北京の植物園にある牡丹のバラ園は、中国北部で最大のものです。すでに述べたように、中国北部で最大の桃の木の庭もあります。他の多くの種類の花や大きな庭園や風景が大きく展示されています。その周りの丘陵の自然の風景は、その場所の美しさに貢献しています。北京植物園の面積は約56ヘクタールまたは139エーカーで、北京の北西郊外にあります。

  • チケットの金額 :1人あたり10元または約1.60米ドル

Guosetianxiang Peony Garden Guosetianxiang Peony Garden

600種類以上の牡丹があります。

  • チケットの金額 :1人あたり10元
  • バス路線 :バス942番に乗り、橋梓町(桥梓镇)で下車
北京でやるべきこと 北京でやるべきこと あなたが知る必要があるすべてのこと もっと見る

マグノリア

  • 時間: ほとんどの場所で4月の初めから4月の半ばまで

頤和園

サマーパレスのジョイフルロングライフホールは、3月末から4月上旬にかけてマグノリアの香りに包まれます。もちろん、この期間はサイトを訪問するのに最適な時期の1つです。

大覚寺

  • 時間: 3月30日-4月15日
大覚寺マグノリア大覚寺マグノリア

大覚寺は北京西部郊外の陽台山の南麓にあります。寺院は1068年に建てられました。

寺院のモクレンの木は樹齢300年と言われています。清代(1644〜 1911年)に住んでいた嘉陵という僧侶によって植えられました。毎年4月上旬頃に開花します。大覚寺のモクレンの花は非常に大きく、明るく、エレガントで香りがよい。これらの目を引く花は、北京の他のモクレンを上回り、毎年春に多くの観光客を魅了します。境内には茶室があり、花を眺めながらお茶を飲むことができます。

旅行ルート: 紫禁城から大覚寺まで30分おきに発車する903番バスに乗車できます。北京南駅から大覚寺への電車もあります。

タンジェ寺院

タンジェ寺院は、紫色のモクレンで長い間有名です。寺院の地面にある2本のモクレンの木は樹齢200年を超えています。彼らをより特別なものにしているのは、彼らが白と紫の両方のモクレンを持っているということです。ほとんどのモクレンの木は白いモクレンしか持っていません。マグノリアは4月上旬から4月中旬に開花します。開花はわずか10日間続きます。

北京国際凋木公園

マグノリアガーデンは、北京国際凋琴公園の西部にあります。北京でモクレンを見るのに新しい場所です。 9種類のマグノリアの木が5,000本以上あります。花には4つの異なる色があります。いくつかの木は珍しい紫と黄色の花をつけます。それらは通常4月の初めから4月の半ばに咲きます。

おすすめされた ツアー: おすすめされた 記事
北京市内中心部の地図 北京市内中心部の地図 大興国際空港から北京市への移動方法 大興国際空港から北京市への移動方法 北京で紅葉を見るのに最も美しい8つの場所 北京で紅葉を見るのに最も美しい8つの場所 北京ハイキング–静宜園から香りのよい丘へ 北京ハイキング–静宜園から香りのよい丘へ 北京の胡同トップ10 北京の胡同トップ10 クアンディクシアビレッジ クアンディクシアビレッジ 北京胡同北京胡同 日壇の神殿 日壇の神殿

  • 時間 :3月下旬から5月上旬

ユユアンタンパークユユアンタンパーク

桜


公園にはたくさんの娯楽があり、あなたの子供はそれを好むかもしれません。これらの娯楽機器の使用は入場券に含まれていません。桜とその果実はとても美しいです。ゆう元たん公園には中国最大の桜園があります。庭には2,000本以上の桜が生えています。

地元の旅行会社が​​毎年春に花を見に行くツアーを提供しています。この公園で花を見るのは、朝のツアーとして北京動物園への訪問と組み合わせることができます。

私たちはあなたが北京や中国の他の場所でさまざまな花を見るために北京フラワーツアーを作るのを手伝うことができます。

  • チケットの金額 :3人民元またはわずか約50セント米ドル
  • バス路線 :717、300、114

チューリップ

チューリップチューリップ
  • 時間 :4月中旬から5月中旬まで

中山公園

中山公園には巨大なチューリップが植えられています。彼らは道を並べます。 4月下旬から5月上旬は、チューリップが満開になるのを目撃するのに最適な時期です。チューリップに加えて、藤、竹、牡丹など、他の多くの種類の園芸植物もあります。あなたが春に北京を訪問しているなら、それは本当に見られなければなりません。

  • チケット :3人民元または約50セント米ドル
  • バス路線 :1、4、120、10。天安門広場で下車します。

クローブ

  • 時間 :4月から5月末まで

Jietaisi寺院

Jietaisi寺院は古代のクローブの木で有名です。樹齢200年以上のクローブの木が20本以上あります。クローブは健康的な薬効を持つ重要なスパイスであり、赤い花をつけます。

  • チケットの金額 :1人あたり10元または約1.60米ドル
  • バス路線 :7番

天壇

天壇の豊作の祈りの殿堂の近くに植えられた240本のクローブの木の手袋があります。

  • チケットの金額 :15元または約2.60米ドル
  • バス路線 :6、15、17、20、35、39、54、106、120、122、803
おすすめされた ツアー:

アプリコットブロッサム

  • 時間: 3月から5月

Fenghuangling(Phoenix Ridge)自然公園

アプリコットブロッサムアプリコットブロッサム

毎年4月にアプリコットが咲くと、訪問者はFenghuangling(Phoenix Ridge)自然公園に群がって花を楽しみます。公園には40ヘクタール(99エーカー)のアプリコットの木が植えられています。丘の中腹から谷まで、山はピンクと白の花のマントで覆われています。公園が広いので、花々の間を散歩するときに人ごみから逃れることができます。

  • チケットの金額 :25元または約4米ドル

八達嶺城

八達嶺万里の長城周辺の山々には、アプリコットの木が植えられています。もちろん万里の長城も魅力です。それらを見るのに最適な時期は4月の初めです。

チャイナローズ

  • 時間 :4月から6月末まで

陶然亭チャイニーズローズガーデン

チャイナローズチャイナローズ

チャイナローズは、中国で人気のある庭の茂みです。彼らは約1メートルか2メートルの高さに成長します。花は普通のバラのように見えます。庭には400種類以上のチャイニーズローズが植えられています。春にはピンク、赤、黄、紫、白、青のチャイナローズの花が満開になります。これは魅力的な風景になります。

  • バス路線 :122、102、66、40、59

中国の開花カニりんご

  • 時間 :4月中旬から4月末まで

元王朝の城壁遺物公園

中国の開花カニりんごはその花で有名です。彼らは古くから洗練された一般的な人気のある味の両方にアピールしており、中国人は花を「花の妖精」と「帝国の花」と呼んでいます。乱暴に見える木ですが、見事に咲きます。元大都城垣遺物公園には、北京で最も多くの中国の開花カニりんごの木があります。公園では、4月中旬から4月下旬にかけて開花に合わせて祭りが開催されます。この間、何千人もの人々が公園にやって来て、2,500本の木が咲いているのを目撃しました。

おすすめされた ツアー:
  • 夜に万里の長城を訪れる4日間の北京プライベートツアー
  • ある日北京がプライベートツアーをハイライト

ライラック

  • 時間 :4月中旬から4月末まで

ジェタイ寺院

ライラックライラック

中国の人々はライラックを純粋さの象徴であると考えています。そのため、花は仏教寺院でよく見られます。北京では、ジェタイ寺院、ファユアン寺院、天壇でライラックが育っています。

ジェタイ寺院には約1,000本のライラックの木があります。 20歳以上と言われています。清王朝(1644〜 1911年)に皇帝がかつて傑台寺を訪れ、円明園から傑太寺へのライラックの木の植え替えを命じたという伝説があります。毎年4月中旬から4月下旬にライラックが咲くたびに、寺院はライラックの香りで香り付けされます。

北京春の花ツアー

花が好きなら、もちろん春は中国を訪れるのに最適な時期の1つです。春には花と他の文化的名所を組み合わせたツアーを提供しています。チャイナハイライトはあなたの中国旅行のエキスパートです(なぜ私たちと一緒に旅行するのかを見てください)。今シーズンの花を見るための旅行をカスタマイズするお手伝いをします。

ベストセラーツアーをチェックしてください:北京の4日間のエッセンスツアー

フラワーズ

パーソナライズされたプランのお手伝いをさせてください 北京ツアー あなたのために、または仕立て屋があなたのために旅行の手配をします。