明るい補助的な信心深さの寺院

「山羊市(広州)が誕生する前に、明るい孝の寺院が存在していた」ということわざがあります。明るい孝の寺院は1700年以上の長い歴史があります。嶺南地域で最も歴史が長く、規模も大きいお寺です。

もともとは、西漢南越王の南越国王である趙佗の子孫である趙建徳の住居として建てられました。三国時代、呉州の領主であるゆうファンが南洋に降格した際、ここで講義を行ったため、当時の広暁寺は「人民元」と呼ばれていました。そこには非常に多くのミロバラムの木があるため、この寺院は「HeLin」とも呼ばれていました。ゆうファンの死後、彼の家族は住居を寺院と呼び、「Zhizhi」と書かれたスラブを作りました。それが広暁寺の始まりでした。明るい孝の寺院は長い歴史があるので、骨董品がたくさんあります。唐王朝(西暦826年)のバオリの2年目に最初に設置されたグリーフベルは、きのこの形をしており、ヘラクレスのエンボスが周りにある石で作られています。それらのエンボスは、顔の表情が鮮やかで、形が良くエレガントな姿勢であるため、仏教の魂を完全に表しています。

明るい子会社のピエト寺院

鼓楼の頂上には祈祷会用の太鼓があり、鐘に対応してチャイムを鳴らします。厳粛な祈祷会が行われるたびに、鐘と太鼓が同時に鳴り響き、凛とした雰囲気に包まれて参拝者を完全に失ってしまいます。晋東部に建てられた大ホールは堂々としていて、光孝寺の仏教の奥深さを、石やシンバルの絶え間ない演奏の観点から示しています。その上、寺院の中には南王朝のダルマによって彫られた洗面器の泉、唐王朝の石の鐘、何千もの仏のある鉄の塔があります。