大同ナイン-ドラゴンスクリーンウォール

中国でこのスタイルの3つの有名な壁の1つとして(他の2つは 北京の北海公園 北京の紫禁城の太地門の前にある大同九龍壁は、3つの中で最も古く、最も大きく、最も魅力的な壁です。

明代(1271-1368)に建てられたこの素晴らしい壁は、長さ45.5メートル、高さ8メートル、厚さ22メートルです。太陽と月を除いて真珠で遊ぶ9匹のドラゴンは、とてもリアルな方法で彫られました。黄色、青、紫、白が彫刻に施され、身もだえしているドラゴンを描写し、壁を非常に魅力的にしています。 9匹のドラゴンのうち、堂々とした姿で正面に向かっているドラゴンは、他のドラゴンに畏敬の念を抱いています。左側の空間は山、川、木々の模様で埋め尽くされており、龍を際立たせるコントラストとなっています。壁全体は2.09メートルの須弥山(须弥座)の上に建てられ、その上に「真珠で遊ぶ2つのドラゴン」の41のパターンが刻まれています。

牛の年の意味
大同ナインドラゴンスクリーンウォール大同ナイン-ドラゴンスクリーンウォール

さらに、スメル王位の腰には、75枚のガラス質のレンガが、牛、馬、羊、犬、鹿、ウサギなどのさまざまな活気のある動物が乗った壮大なレリーフを構成しています。壁は古代中国の優れた彫刻技術を反映しています。



1998年の干支

その上、観光客は大同で「黄城通り(帝国都市通り)」、「鄭田通り(本堂通り)」、「東華門(東中国門)」のような帝国の名前を持つ多くの通り、門、場所を見つけることができます。等々。それらはすべて古代中国の皇居の遺跡です。

トラベルエッセンシャル

  • チケット料金: お一人様10元
  • 開始時間: 09:00-17:00
  • 推奨訪問時間: 30分
  • 行き方: 旅行者は大同駅から4番の公共バスに乗って九龍壁に行くことができます。