清代初期の4つの塔

アコレード

もともとは、1643年に満州の初期の統治者が北京を征服して首都をそこに移す直前に、瀋陽の周りに4つの塔が建てられました。古い塔は同じ仏教の仏舎利塔だったと考えられています。北、南、東の塔は少なくともいくらかオリジナルです。西側の塔は最近再建されました。北の塔では、塔の隣に建てられたファールン寺院も見ることができます。

中国の干支のドラゴン

歴史

1600年代初頭、満州の統治者は王国を拡大したいと考えていました。彼らは瀋陽を征服し、1625年に満州の支配者ヌルハチが瀋陽を首都にしました。街には大きな皇居が建てられ、満州人が明帝に侵攻する直前の1643年に、街の壁の4つの側面に4つの塔と寺院が建てられました。彼らは壁の外にありました。 4つの仏舎利塔は、かつての首都の帝国の建物の名残です。これらの場所は、東塔/永光寺、南塔/広城寺、西塔/延寿寺、北塔/ファールン寺院と呼ばれています。

満州の統治者は、旗の下にモンゴルの騎兵隊を組み込むことによって軍隊を拡大しました。明の将軍の助けを借りて、彼らは万里の長城を通過し、1644年に北京を征服しました。その後、北京は清帝国(1644-1911)と呼ばれる満州帝国の新しい首都になりました。しかし、清の初期には、満州の統治者にとって、宝物の一部を保管していた重要な都市でした。



東部、南部、北部の仏舎利塔は1990年代に再建されました。西部の仏舎利塔は1968年に破壊されました。人々がその下を掘ったとき、彼らは隠された部屋で歴史的に重要な多くの遺物を発見しました。 1998年に西仏舎利塔と延寿寺が建てられました。清王朝の詳細を読むには

特徴

4つの仏舎利塔はおそらく同一になるように建てられました。彼らは約26メートルまたは85フィートの高さでした。北の仏舎利塔とファールン寺院はよく保存されています。東と南の仏舎利塔の寺院は破壊されました。北の仏舎利塔には、石碑やモニュメントがあります。西仏舎利塔と延寿寺は1998年に再建されました。

延寿寺と仏舎利塔はアパートの隣にあります。仏舎利塔は、緑色の開口部を備えた白いドームのような構造です。寺院の後ろにあります。高さは26メートルまたは85フィートです。寺院は赤い柱のある小さな赤い建物です。出入り口が開いており、奥にある仏舎利塔を見ることができます。

地図上の北京中国

中国のハイライトは、瀋陽のこの塔やその他のハイライトを訪れるツアーをカスタマイズするのに役立ちます。