開元寺

開元寺は鯉城区の西通りにあり、面積は78,000平方メートルです。唐代の武則天皇帝の治世中に忠公の2年目に建てられた開元寺は、現在1、300年以上の長い歴史があります。大規模で壮大な建造物と美しい景色を誇る、中国の主要な仏教寺院と国の遺産保護地域の1つです。開元寺は、洛陽の白馬寺、杭州の魂の隠れ家、北京のユニバーサルレスキュー寺院と同等の人気を誇っています。

開元寺の主軸は、Zi Yun Ping、Tianwang Hall、Great Buddha's Hall、Gan Lu Jie Tan、Cang JingTowerで構成されています。タンユエ記念寺院、シャオカイユアン、コンデホール、ズンシェントコート、シュイルー寺院、東西塔など、他にも有名な建造物があります。

開元寺

寺院への門は天王ホールとして知られています。唐代の武則天皇帝の治世中、チュイゴンの3年目に建てられました。現在存在する建造物は西暦1925年に建てられました。柱はシャトル型で、中央が太く、両端が細いです。それが「SuoPillars」と呼ばれる理由です。ゲートに入ると、訪問者はアルティングに到着します。アルティングの前には石造りの中庭があり、役人や一般の人々が礼拝したり活動したりすることができます。太陰暦の隔月の26日、この石造りの中庭は人と読経でいっぱいです。開元寺の大仏殿には全部で86本の石柱があるので、「百本の柱のあるホール」とも呼ばれています。このホールが建てられていたとき、紫色の雲が浮かんでいたと言われています。そのため、大仏殿は「紫雲の殿堂」として知られています。



区別: 開元寺は、東の塔が「鎮国塔」、西の塔が「蓮庄塔」の2つの塔で有名です。どちらも高さ40メートル以上あり、国内で最も高い石造りのツインタワーです。塔の各階のニッチの両側には、戦士、天の王、金剛杵、仏教の羅漢などの彫像が彫られています。何年にもわたる雨と風の苦しみを乗り越えてきた彼らは、今でも厳粛に立っています。 2つの塔は、泉州の古代都市のユニークなシンボルであるだけでなく、古代中国の石造りの建造物の中の宝物でもあります。実際、イーストタワーは、「チャイナエンシェントタワーズ」と題された一連の全国切手に選ばれた4つの画像の1つでした。

そこに着く方法: バス2、バス6、バス24、バス26、ツーリストバス601はすべて開元寺に停車します。