南京大虐殺の犠牲者への記念館

1937年、日本軍は上海から移動し、中華民国の首都である南京を攻撃しました。共和国の大統領であった蔣介石は彼のエリート軍に避難するように命じました。政府はまた揚子江を上っていった。軍の指導者たちは、南京で軍を破壊するよりも、内陸部の最高の軍隊と消耗戦争を行う方が良いと考えました。しかし、何万人もの軍隊が都市を守るために残った。彼らは都市を死ぬまで守るように命じられました。民間人は逃げようとしましたが、南京からの橋、道路、交通機関が破壊され、日本の前進を遅らせ、軍隊と民間人を市内に留めたため、多くの人が市内に捕まりました。

都市に住む外国人と中国人自身の両方による都市の占領の報告は、広範囲にわたるレイプと無意味な民間人の殺害に関するものです。日本人が都市を占領してから6週間で殺された中国人の数の見積もりは大きく異なります。死亡者数の見積もりはさまざまです。燃えている家屋や建物で多くの遺体が焼かれ、多くが川に投げ込まれたため、わかりにくかった。兵士と民間人の両方に対して多くの略奪と犯罪行為がありました。たぶん、政府が民間人の逃亡を助け、軍隊に逃げ道を持たせたほうがよかったでしょう。あるいは、上海と南京の両方で起こった死闘は、第二次世界大戦で死闘したことでも知られている日本人を感動させるのに役立ったのかもしれません。

南京ホロコースト博物館

霊廟は、虐殺で30万人が殺されたと伝えています。他の推定値は、20万人未満から30万人以上の死者までさまざまです。推定値が異なる理由の一部は、一部の推定値が南京市全域を対象としていることと、一部の推定値が主要な都市中心部のみを対象としていることです。



記念碑は1985年に南京市政府によって建設され、1995年に拡張されました。