中国の母の日

母の日 中国で 毎年太陰暦の第4月の第2日になりますが、通常は5月の第2日曜日に祝われます。香港とマカオで地域的に最初に祝われた休日です。 1979年の中国の経済改革後、中国本土はこの休日を受け入れ始めました。

他の国と区別され、 中国の人々は孟子の母親をパラダイムと見なしています。母親は伝統的に、この休日に息子と娘からワスレグサの花を受け取ります。しかし、最近ではカーネーションやワスレナグサが代わりになっています。

祭りの活動

孟武文化祭 山西省太谷で2013年5月12日に開催され、中国での母の日を祝い、宣伝しました。歴史的建造物と豊かな文化的遺物で有名な大宮は、長い歴史と文化を誇り、祁県や平遥と同じくらい有名です。中国の文化芸術の故郷、武道の故郷と呼ばれています。



中国文化を味わうには絶好のスポットです。の読書サロン「感謝祭の母」の式典を開始した特別切手など、中国の要素を取り入れた一連のアクティビティを見逃すことはできません。 ディジギ( 弟子のルール )。 、大規模なグループダンスや植樹活動など。すべての活動は、中国風の母の日の繊細なごちそうを提供します。

旅行情報

行き方: 山西省の太谷県は、太原から60キロメートル、平遥から45キロメートルの距離にあります。そこへは鉄道で行くか、太原や平遥からバスに乗ることができます。