五台

五大山

五台山は、中国の4つの有名な仏教山の中で最も長く最も権威のある歴史があります。 2009年にユネスコの世界遺産に登録されました。

中国のドラゴンとは何ですか

序章

五台山は、仏教の神聖な中国の4つの山の1つです。それは、最も権威があり、最も古いものとして識別されたという区別があります。この識別は、仏教に聖なる菩薩の住居が記述されている聖なる仏典(経)の一節に由来します(菩薩は悟りを開くこと、または涅槃に到達することに専念した人です)。

五台山(五台山)、または日常用語で五台山は、山の自然の美しさと少なくとも同じくらい貴重な文化遺産を持つ、ユニークでユニークな美しい山の風景です。五台山は、歴史的遺物、古代の民芸品、民俗習慣、そしてもちろん仏教文化が豊富です。この山の名前は、北、南、東、西の山頂の頂上を形成する高原と、他の4つの山のほぼ中央に位置する5番目の山に由来しています。これらの高原は当然、下のそれぞれの風景を見るのに理想的な見晴らしの良い場所になります。五台山には、小さな峰がたくさんあります-多くの奇妙な形-岩の切り出し、急な崖、美しい洞窟、さまざまなサイズの池、泡立つ泉、湧き水があります。



歴史

五大山

五台の初期の仏教寺院の建設は、東漢(CE 25-220)王朝の間に起こりました。たとえば、壮大な顕通寺はこの時期に建てられました。五台山にある既存の寺院や僧院が改修および/または拡大されたのと同じように、彼らの数は歴代の王朝の間に増加しました。南ちゃん寺と佛光寺はどちらも唐(CE 618-907)王朝(それぞれ782年と857年)に建てられ、顕通寺の寺院の敷地の一部として始まった太源石(塔の寺院)は明(CE 1368-1644)王朝時代、改修された寺院。

寺院

五台の多くの寺院には、特別な機能として塔があります。これらは、ガラスやクリスタルガラスなどのよりエキゾチックな素材を含め、木材からレンガ、鉄、石までさまざまな素材があります。五台には翡翠塔もあります。佛光寺の逗子塔。正確な起源は不明ですが、北魏(CE 386-533)または北斉(CE 550-577)王朝(北王朝(CE 386-588)時代)に由来すると考えられています。 )、Wutai山で最も美しい塔の1つと見なされます。上層階は純粋に装飾的ですが、それは白塗りのレンガで六角形の2階建ての構造です。蓮の花びらと蓮の花の装飾が施された逗子塔は、明らかにインドの影響を受けています。仏光山自体(上記のようにCE 857で建てられた)は、中国で最も古い現存する木造建築であるという特徴があります。

今日、五台山には48の仏教寺院があり、僧侶が数人しかいない単純な寺院から、数十人の僧侶や訪問僧がいる僧院まであります(後者の1つは、特に縁起の良い菩薩の現れである可能性がありますが、山に仏教徒の存在を維持するもう一つの理由)。

中国の干支2021

5つの高原

五大山

東高原は王海峰(「海を見る」)峰と呼ばれています。頂上にある本堂、王海寺にちなんで名付けられました。夏に王海峰の背の高いパビリオンを登ると、周辺の素晴らしい景色を眺めることができます。雲と昇る霧の中で、ここで昇る太陽の最初の探査光線を目撃することは、特権的な経験と見なされます。

中国でやるべき楽しいこと

西高原はグアユエピークと呼ばれていますが、その主な寺院はファレイ寺院です。西高原から(当然のことながら西の方向に)外を見ると、密集した松林に覆われた山々の連鎖が遠くに見えます。晴天時や深夜、鳥や昆虫の鳴き声が止まると、西高原では、これまでにない穏やかな月と星の景色を眺めることができます。これらの透明度を損なう人工光がないためです。天体は彼らの光を地球に向けて放射します。

北高原は江戸峰と呼ばれ、その頂上は海抜3058メートルです。江戸峰は五台山で最も高い峰であり、実際、中国北部全体で最も高い峰です。北高原からは、遠くに恒山(別名ベイユエ、または「北の山」)の素晴らしい景色を眺めることができます。恒山は実際には山々の連鎖であり、壮大な山と尾根があります。特定の山の最高の景色が隣接する山によって提供されることが多いと想像するのは奇妙な考えです!

南高原はJingxiuピークとして知られていますが、その主な寺院はPuji寺院です。プジ寺院は石でできています。この高原の牧草地に生えている野生の花や、寺院自体の自然の建築材料が周囲の静けさと相まって、時間の経過とともに凍りつくような美しさの雰囲気を作り出しています。特に野生の花の形での毎年の自然の再生は、古くからの老朽化した高原のあるこの古い山が最初の恐竜が到着するずっと前に確かにここにあったという包括的な認識とは対照的です。

トラベルエッセンシャル

  • チケット料金: お一人様168元(4月〜10月)、お一人様140元(11月〜3月)。山の中にある寺院の中には、追加の入場料がかかるものがあります。
  • 位置: 太原市の北240キロ
  • 行き方: 公共バス201番で太原東長距離バスステーションに行きます。そこには五台山行きのバスがあります。五台までは約4時間かかり、料金はお一人様約70元です。