高山病に関する私の個人的な経験

Gaoyuanlang

健康を気にせずに同僚とチベットに旅行すると聞いて興奮しました。しかし、高地のリスクについての同僚のリマインダーはすぐに私の注意を引きました 高山病

私はオンラインで検索し、健康を維持し、高地で健康を維持する方法についてのアイデアの山を集めました。たくさんの便利なアイテムを用意しました。私が持ってきたもののリストを以下に示します:

  • SPF 30サンクリーム(これは私の肌を保護するのに非常に役立つことが証明されました)
  • リップクリーム(最初の2日間は唇にひびが入りましたが、リップクリームを塗ると回復しました)
  • 高山病治療薬(5日間使用)
  • 制吐薬(旅行中は使用しませんでした)
  • 止瀉薬(旅行中は使用しませんでした)
  • 傘(天気が変わると雨が降ることもあるので、持っていくのに最適です)
  • 頭痛薬(旅行中は使用しませんでした)
  • ブドウ糖注射箱(5個)
  • 乗り物酔いの薬(旅行中は使用しませんでした)
  • おやつがたくさん(食べなかった)

また、中国最大のオンライン小売サイトである淘宝網で高円安(高山病薬)を2箱購入しました。出発の前日に薬を飲んだ。



朝、桂林から重慶に飛んで、ラサに乗り換えました。ラサゴンガ空港に着陸した瞬間、乾燥した雰囲気を感じることができました。私の唇はすでに割れ始めていました。飛行機を降りたとき、私の足はゼリーのように感じました。私の同僚は彼が少し頭痛を持っていると不平を言った。彼の唇が紫色に変わったのに気づいた。

これらの最初の懸念にもかかわらず、私はその日の残りは元気でした。しかし、最初の夜は悪夢でした。疲れましたが、ほとんど眠れませんでした。私は投げて向きを変え、そして眠りにつくために可能な限りの方法を試みました。私の努力はすべて無駄だった。さらに悪いことに、私は頻繁に、その夜の約6回目が覚めました。これは私の最初の出会いでした 高山病

1月の香港の気温

翌日の旅 サムエー寺 ヘアピンロードでの10分のドライブが含まれています。お腹が痛くなると思いましたが、大丈夫でした。ところが、耳元で歌っていたのですが、高さ4500メートルの峠にたどり着くと、ちょっとした頭痛がしました。 1ステップ移動するには、通常の高度で必要なエネルギーの3倍のエネルギーが必要でした。私はいつもゆっくりと動きました。専門家は、ゆっくり動くことが高山病を和らげる最良の方法であると言います。

若いオーストラリア人の男は、彼がチベットに到着した日、激しい頭痛に苦しんでいました。しかし、それは深刻ではなく、彼は自由に動くことができました。

チベット高山病になるのは当然です。

高度が下がるとすぐに私の症状はすべて消えました。

私たちのグループにいた15歳の中国人の女の子は、ずっと不快に感じました。彼女は頭痛と胃のむかつきを訴えた。結局、彼女は修道院への訪問とその日の残りの活動を断念しなければなりませんでした。

次の夜はまだ曲がりくねっていましたが、最初の夜より少し良かったです。 5時半に起きて、眠りにつくことができませんでした。夜明けの午前7時まで待ちました。

3日目は、最後の2泊の睡眠不足のため、非常に疲れました。

3日目は沢当からラサまで車で行きました。ラサはツェダンより60メートル高いです。これが地元の旅行代理店が最初の2日間を沢当に置くように手配した理由だったと思います。

余分な60メートルは私には何の結果にもなりませんでしたが、それは私たちのグループの3人の男性旅行者にとって挑戦でした。もう一度、彼らは頭痛を訴えました。

ようやく3日目の夜はぐっすりと眠り、翌朝は元気になりました。 4日目の旅は大変で、これまでで最も困難でした。それは、チベット人の大群衆との往復で4時間の登山を伴いました。それは 松濤まつり 。とても疲れていたので、戻ったときはもう一歩歩くことができませんでした。しかし、高山病の症状はありませんでした。体はだんだんと順応していきました。

私にとって最大の課題は、ラサからシガツェへの旅行である6日目でした。ほとんどの道路は標高4,500メートル以上で走っており、最高峠の高さは5,400メートル以上です。

ガンパラ峠(標高4794メートル)で足が痛くなった。チベットで初めて、はっきりと聞こえないほど耳が鳴っていました。数歩動かすと息が切れました。しかし、軽い話ですが、ガンパラ峠はヤムドロック湖の息を呑むような景色を楽しむのに最適な場所です。

昼食は標高4,200メートルの町浪卡子に立ち寄りました。 30代の女性は、レストランの2階に急いで歩いた後、深刻な高山病に苦しんでいました。彼女は息を切らして泣いていた。彼女の顔は紫色になり、青ざめた。彼女は数分間酸素を吸入した後すぐに回復した。その日の残りはみんな元気でした。

私の経験を要約すると:

  • 高山病を恐れないでください。ほとんどの人は適切な準備と知識で大丈夫です。
  • 元気が出てもゆっくり動く。
  • 出発の前日に高山病の薬を服用することをお勧めします。