張り出した万里の長城

崖の上の万里の長城万里の長城の張り出し

張り出した万里の長城は、急傾斜の谷口に建てられました。遠くから見ると、壁は崖の上にぶら下がっている壮大な絵のように見えます。これがその名前の由来です。

八達嶺城の万里の長城と見た目が非常に似ているため、「西部八達嶺」としても知られています。

香港12月の天気

クイックファクト

  • 中国語の名前: 万里の長城Xuánbìchángchéng
    / sshwen-bee-channg-chnng / '壁掛け万里の長城'
  • 位置: 石関峡のブラックマウンテンの北、甘粛省嘉峪関市内中心部の北西14 km(9マイル)
  • 構築: 1539年から1540年に甘粛省のパトロール司令官である李漢が嘉峪関の防衛を強化し、1987年に再建されました。
  • 長さ: 元々1.5km(0.9マイル);わずか750m(0.5マイル)が再建されました
  • 開ける: 夏/秋午前8時30分から午後8時まで。冬/春の午前8時30分から午後6時まで

それはどこにある

万里の長城は嘉峪関市中心部の北西14km、嘉峪関砦の北約8kmにあります。嘉峪関の軍事防衛システムの拡張部分であり、水資源を保護し、北部展望台として機能します。



張り出した万里の長城

おすすめされた ツアー:
  • 1日北京ハイライトプライベートツアー
  • 金山嶺万里の長城ハイキングツアー1日
  • 5日間の黄崖関から黄崖関への万里の長城ハイキングツアー

誰がいつそれを作ったか

嘉靖帝の治世(1540年)の19年目に甘粛パトロール司令官李漢によって完成された壮大な吊り下げられた万里の長城 明王朝 、ブラックマウンテンバレーへの北の入り口を守ります。

吊り壁は45度の勾配の尾根に建てられ、突き固められた地元の砂利と黄色い土でできていました。

壁の長さは元々1.5km(0.9マイル)でしたが、現在は750 m(0.5マイル)しかありません。 1987年に改装され、壁の端に2つ、中央に1つ、合計3つの塔があります。

何を見るか

崖の上の万里の長城写真の張り出した万里の長城は1987年に再建されました。

張り出した万里の長城軍事防衛システムエリアは、急な尾根にぶら下がっている万里の長城、谷の水門、古代兵器展示会で構成されています。

吊り下げられた万里の長城からは、厳粛なパノラマを見ることができます。 登山の便宜のために、壁に階段が建てられました。それにもかかわらず、400段の階段の頂上までは急な上り坂ですが、頂上から眺めるときは努力する価値があります。

景色は驚くほど乾燥しています - 北 砂漠は地平線まで伸びています。嘉峪関の北の東にいくつかのオアシスがあります。南と西には急な乾燥した山と峡谷があります。

おすすめされた ツアー:
  • 2日間の万里の長城慕田峪-シマタイデイナイトツアー
  • 金山嶺万里の長城ハイキングツアー1日
  • 2日間の黄華城湖畔の万里の長城ハイキングとキャンプツアー

訪問するのに最適な時期

嘉峪関は、南にそびえ立つキリアン山脈の影響を受けた、温暖な大陸性砂漠気候です。昼と夜の温度差が大きい。紫外線は高いですが、肌寒くてさわやかなことがあります。

冬は暗いです 気温がゼロをはるかに下回っています。 5月から9月 は快適な温度のカットオフ期間です(平均範囲(8–22°Cまたは47–72°F)。7月の平均温度範囲は最大15–29°C(59–84°F)になります。

私の近くで最高のハラール中華料理

そこに着く方法

嘉峪関市内中心部から吊り下げられた万里の長城まで約14kmです。中断された万里の長城へのバスはありません。嘉峪関市から壁までレンタカーまたはタクシーを利用できます。約30分かかります。

または、チャイナハイライトのプライベートトランスファーサービスをご利用いただけます。お問い合わせください。経験豊富なドライバーと英語を話すツアーガイドがいる高品質のエアコン付きプライベートトランスポートを使用して、壁にたどり着くまでの手間を省きます。 。

おすすめされた ツアー:
  • 1日北京レイオーバーツアー
  • 江光から慕田峪までの1日万里の長城ハイキングツアー
  • 2日間のJiankouワイルド万里の長城キャンプツアー

滞在場所

嘉峪関中心部にはさまざまなレベルのホテルがたくさんありますが、張り出した万里の長城の近くには何もありません。

中国のハイライトで張り出した万里の長城をご覧ください

嘉峪関周辺の万里の長城の西端の砂漠の風景を見たい場合は、中国のハイライトが役立ちます。あなたが訪問したい他の場所を含め、あなたの興味と要件を私たちに連絡してください、そして私たちはあなたの中国ツアーを調整します。

参考文献