石宝寨

概要

石宝寨は、丘を抱く奇妙な形の塔のように見えます。丘は急な側面を持つ揚子江のほとりにあります。それは約200メートルまたは700フィートの高さです。丘の上に、建物の構造物の上にあるように見える3階建ての寺院が建てられましたが、そうではありません。階段と下の階が建てられるまで、人々は寺院まで運ばれました。パビリオンのふもとには黄色い門があります。レッサー3峡谷や豊都鬼城のように、石宝寨は揚子江のクルーズ船の人気の停留所でした。昔は埠頭と石宝寨の間に観光屋台がありました。しかし、今では豊都鬼城のように、石宝寨は長江三峡の背後にある湖の影響を受けています。政府はこの場所を保護することが重要であると考えていたので、その周りに壁を作っただけでした。今、寺院の建物への旅行ははるかに簡単です。かつては川の埠頭から長い散歩がありました。それは揚子江と長江三峡に沿ったハイライトの1つです。

石宝寨石宝寨

詳細な説明

ピラミッド型の塔のような形が変わっているので、寺院は印象的です。赤い色は、緑の木々や茂み、岩だらけの丘の顔の色とはっきりと対照的です。大きくて明るい金色の門も目立ちます。一番上の寺院は文殊菩薩の道教寺院です。その下の12階建ての構造は岩壁で支えられており、その最初の9階には、たくさんのアートワークと船のはしごのようなはしごがあります。はしごを登るのは難しいかもしれません。しかし、外には頂上に上がる別の階段があります。ただし、外階段を使用している人は中を見ることができません。

位置: 長江三峡と重慶の間の揚子江。重慶から約300キロメートル(180マイル)、武漢から約1,000キロメートル(600マイル)です。



2006年はどんな動物の年です

歴史

石宝寨

最上階の寺院は、清王朝の乾隆帝(1736-96)の治世中の1750年頃に最初に建てられました。人々はかつて鎖を使って寺院に行きました。 1819年に、建物の最初の9階が建設されました。建物は塔のように見えますが、自立していないため、実際にはそうではありません。建物は岩壁にあります。 1956年には、寺院と下の9階をつなぐために、さらに3階が追加され、建物は、遠くから15階の、広くて背の高い完全な塔のように見えました。

現場では最近多くの工事が行われています。寺院は2005年から2008年の間に8000万人民元(12,000,000米ドル)の費用がかかる3年間の大規模な改修を受けました。長江三峡が建設されたとき、水が建物に到達することが知られていました。そこで政府はそれを保護するためにコッファダムを建設しました。今では、船が寺院に直接到達できるため、サイトへの移動がはるかに簡単になりました。以前は、人々は川から長い散歩をしていました。

1974年

特徴:

  • 奇妙で興味深い構造。
  • 内部のアートワークと宗教的な偶像。
  • 長江を観光しながら見ることができる、260年前の古代寺院。

ツーリング活動:

  • ボートや船からの眺めをご覧ください。
  • 寺院自体をご覧ください。
  • 写真。
  • 川のツアー中に登ったり降りたりする運動もあります。

近くのアトラクション:

重慶とスリーゴージスエリア間の旅行の他のハイライトには、スリーゴージスダムと大寧河のレッサースリーゴージスが含まれます。 DaningはYangtzeの支流です。もう1つのハイライトは、壮大な洞窟、ピット、大きな岩の橋、岩層があり、自然保護区でのハイキングが楽しめるウーロンカルスト地域です。

重慶市とその周辺の川の上流には、重慶中国三峡博物館、食事や買い物ができる磁器口古鎮、人民大礼堂、重慶動物園など、多くのアトラクションがあります。最も興味深いハイライトは街の外です。これらには、重慶市から西に約1時間のところにある大足石刻や、重慶市から西に約3時間のところにある自賛恐竜博物館が含まれます。