万里の長城は何でできていましたか?

万里の長城万里の長城

万里の長城の建材は主に 土、石、レンガ、石灰、そして木 。使用された材料は、利用可能な地元の資源に依存していました。

山に万里の長城を建てるとき、山から石が使われました。平野を越えてそれを構築するとき、使用された材料は土、レンガ、そして石灰でした。

万里の長城が砂漠を越えて建てられたとき、柳の木の枝でさえ砂で使われました。



土、木、枝、砂、石-隋王朝以前(581–618)

の前に 隋王朝 (581–618)、ほとんどのセクションは土、石、砂、石灰、そして木で造られました。万里の長城のセクションのほとんどは、当時の技術が低かったため、地球で建てられました。

に組み込まれた万里の長城セクション 戦国時代 河北省の(紀元前475年から221年)は地球から作られていましたが、地球は雨や風に対する抵抗力が弱かったため、今ではほとんど姿を消しています。

一部のセクションは土、石灰、砂、石で作られ、他のセクションは枝、粘土、石灰で作られました。使用する材料は、地域の状況によって異なります。

秦王朝に建てられた万里の長城 (紀元前221年から206年)は石灰、砂、石を使って作られました。万里の長城は臨トウ(甘粛省の現在の岷県)から始まり、遼寧省の鴨緑江まで伸びています。

おすすめされた ツアー:
  • 1日北京ハイライトプライベートツアー
  • 金山嶺万里の長城ハイキングツアー1日
  • 2日間のJiankouワイルド万里の長城キャンプツアー

土、レンガ、石-唐と宋の時代(618–1279)

慕田峪万里の長城慕田峪万里の長城

間に トング 王朝(618–1279)、レンガ製造技術が登場しました。レンガは石や土よりも小さくて持ち運びが軽く、人気がありました。

しかし、当時はレンガが高価で作るのが難しかったため、万里の長城のほとんどの部分は、万里の長城の本体を黄色い泥で埋めたレンガで建てられていました。

万里の長城を建てるために石を使った場所もありました。当時、これらのセクションは土で作られたセクションよりもしっかりしていました。

パンダについての楽しい事実

レンガと石-明王朝時代(1368–1644 AD)

間に 明王朝 (1368–1644)レンガ製造技術が進歩するにつれて、万里の長城のほとんどはレンガともち米を使用して建設されました。結合材にはもち米を使用しました。

レンガのサイズが小さく軽量であるため、建設速度が速くなり、レンガを使用することで万里の長城の構造がより強固になりました。

万里の長城のいくつかは山脈に沿って建てられたので、山からの巨大な石もそれを建てるために使用されました。

おすすめされた ツアー:
  • 1日北京レイオーバーツアー
  • 江光から慕田峪までの1日万里の長城ハイキングツアー
  • 2日間の黄華城湖畔の万里の長城ハイキングとキャンプツアー

中国のハイライトで万里の長城を訪れる

万里の長城でのハイキング万里の長城でのハイキング

万里の長城の構造材料やさまざまな構造を確認したい場合は、プライベートツアーで訪問する必要があります。インスピレーションについては、以下の人気の万里の長城ツアーをご覧ください。

  • 2日間のプライベート万里の長城ハイキングとキャンプツアー
  • JiankouからGubeikouへの5日間のプライベートディスカバリー万里の長城ハイキング

上記のツアーに興味がありませんか?私たちのすべてを見る 万里の長城ツアー 。または、私たちはあなたがあなた自身の万里の長城ツアーを作るのを手伝うことができます。