趙嶺墓/北墓

Beiling Park

ホンタイジとその妻、孝端文皇后の墓である趙陵墓は、国家保護下にある重要な文化遺物ユニットです。

瀋陽の北に位置することから北墓とも呼ばれる趙陵墓は、フー墓やヨン墓と同等の名声を誇っています。これらの墓はすべて、山海関の外にある3つの皇帝の墓と総称されています。ただし、Zhaoling Tombは、規模とレイアウトの点で他の2つをはるかに上回っています。

趙陵墓は瀋陽市で最大の公園で、面積は330ヘクタールです。清王朝のチョンデの8年目に、ホンタイジと彼の妻のボルジギン氏の墓が完成しました。 1927年、趙陵墓は奉天政府から公園として認可され、北墓の名前が付けられました。瀋陽の観光名所と史跡の1つとして、趙陵墓は中国の古代建築の本質であり、満州人と漢民族の間の文化的コミュニケーションの代表でもあります。道路の両側には、装飾されたアーチ道、装飾用の柱、雲の柱、立っている象、立っている馬、眠っているラクダ、キリン、座っているライオン、Xiezhi(神話上の中国の獣)などの石の動物があります。他の。公園の主要部分はスクエアシティで、レイアウトはフートゥームと似ています。バオ市の下には、地下宮殿、ホンタイジの棺桶室、そして彼の女王がいます。



Zhaoling Tombは広々として明るく、素晴らしいパビリ​​オンと宮殿があります。黄色いタイル、赤い壁、緑の木々がお互いを引き立たせています。解放後、北の墓は大幅に修復および拡張されたため、伝統的な古代建築と現代の公園の特徴が組み合わされています。公園にとどまると、過去を思い出すと、いろんな気持ちが浮かんできます。瀋陽に行くときに必ず訪れたい場所です。